どうなの?そのことから、真夜中に・・・

普通の慣行として、意識することなくスキンケアをするだけでは、願っている結果を得ることはできません。

強弱とは関係なしに、ストレスは血行であったりホルモンのバランスを乱し、肌荒れに結び付いてしまうのです。

肌荒れを避けるためにも、状況が許す範囲でストレスのない暮らしをするように努めてください。

横になっている間で、新陳代謝が盛んにおこなわれるのは、午後10時から午前2時までとのことです。

そのことから、真夜中に床に入っていないと、肌荒れになって当然です。